自立支援

「できること」から「していること」へ

日本は超高齢社会に入り、介護の法律や考え方が大きく変革を続けています。その中でも最近の介護は「自立支援」をする事が介護であると言われています。

自立を支援するという事は、その人のその人らしい生活を支援するという事です。つまり、自分らしい生活を送り、生活の質を向上させる、もしくは維持する事が介護でいう自立支援と言えます。

生活の中で「できること」が「していること」へ変化し、「できること」が習慣化することで、生活意欲の向上につながります。その事を目指し私たちは支援していきます。